スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/17(mon) 沢田研二 at 東京国際フォーラムホールA

11904630_691835627613093_7060731657036374963_n.jpg

先週の月曜日なんて日は、
東京国際フォーラムホールAにて、
沢田研二のコンサート。

本当は先月に同会場で行われる予定だったが、
鉄人バンドの叩く爆弾娘GRACEが急病の為、
1ヶ月延期となっていたのだった。

この日が恒例のツアー初日という事もあり、
4年連続で東日本大震災と反原発をテーマにした
新曲4曲のシングルを歌う以外、
予想がつかなかったのだが、
4月に自死した加瀬邦彦の楽曲だけをチョイスという、
追悼の意味も込めてて、
ここ数年のセットリストでも選曲がヤバくて最高!
こんな歌謡ショーみたいな内容、
7年以上ジュリーのコンサートに通い詰めて初めてだよ!!!

序盤は、これまで聴いたことの無かった70年代前半の曲を
たっぷりやったのがたまらんかったし、
2008年の東京ドームで行われたジュリー祭りで聴けなかった
シングル曲が大量に披露され、
ビックリするくらいの選曲でかなり鼻息荒く興奮。

1階18列目センターで見やすかった事もあり、
いつもより激しく体を揺らして動かしちまった。

「きわどい季節」とか「恋のバッド・チューニング」とか
聴けると思わなかったから嬉しかった〜。
あと、秘かにお気に入りだった「コバルトの季節の中で」の
カップリング曲「夕なぎ」が聴けたのもたまらんち!

しかし、新曲の毒気ムンムンの「限界臨界」の
へヴィでグルーヴィなロックンロールも最高!!

ここ最近のツアーだと、90年代以降の独立後の
アルバム曲からの選曲が中心になってたが、
今回は加瀬さん追悼というコンセプトもあり、
選曲もはっきりしていた。

アンコール最後に、加瀬さんがジュリーに作った2008年の曲
「海にむけて」の"すぐに会おう きっと"という歌詞が
もうすぐ自分もそっちに行くよという、
ジュリ〜なりの気持ちが込められた瞬間が最高にエモくて、
鳥肌が立った。

今回のツアー、あと2回は観たいぞ!!

2015.8.17(月)
国際フォーラム セトリ

★危険なふたり
★恋は邪魔もの
★許されない愛
★死んでもいい
★白い部屋
★追憶
★あなたへの愛
★胸いっぱいの悲しみ
★おまえがパラダイス
★夕なぎ

(新曲)
★泣きべそなブラッド・ムーン
★涙まみれ Fire Fighter
★こっちの水苦いぞ
★限界臨界

★ウインクでさよなら
★バイバイジェラシー
★甘いたわむれ
★恋のバッドチューニング
★ねじれた祈り
★きわどい季節

MC

★TOKIO
★気になるお前
★海にむけて

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。