スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/9(fri) 沢田研二 at 渋谷公会堂



筆者が2009年から参加し始めた沢田研二(以下、ジュリー)の正月コンサートも、2015年で7年!
毎年、1年のライヴ始めはだいたいジュリーのコンサートと相場は決まっている。
(去年はアプガの赤坂BLITZ公演が元日からあったけど)
今回のライヴタイトルは「昭和90年のVOICE∞」と、意味深で面白い。

気になる2015年版ジュリーの姿は、いつもの白髪に白い髭を更に伸ばして、
体格は、美味しいおせちを食べ過ぎたのか、もふもふしているため、
リアルサンタクロースと呼んでも差し支えない印象。

コンサートの内容は、いつものように、一見さんお断りの
アルバム曲で占められているセットリストで、ジュリヲタにはたまんねー選曲!
そこに、たまにヒット曲を挿み込む構成は楽しい!

今回は1曲目からいきなりヒット曲の「LOVE ~抱きしめたい~」からスタートし、
序盤は90年代のアルバム曲が多かったような気がする。

2012~2014年まで3月11日に発売してきた、
東電・福島・反原発 三部作(勝手に命名)シングルの全12曲から
もっと聴きたかったが、「FRIDAYS VOICE」と「カガヤケイノチ」の2曲のみ。

その後も歴史的傑作2枚組ロックアルバム『耒タルベキ素敵』から、
大好きなビッグバンドナンバー『ねじれた祈り』や、
「2015年もくたばってなかった 驚いているのはこの僕なんだよ」と毎年年数を増やして歌う『A.C.B』
ぴょんぴょん飛び跳ねる姿が愛くるしい『生きてる実感』
そしてアンコール最後の曲は『遠い夜明け』と、4曲も演奏!

本編も滞り無く終了し、いつものアンコールのMC。
毎年毎年言っている自虐ネタは今回は一切無し。
神妙な面持ちで、「今年は不言実行、大人げなくやってきます」ともMCで言ってたが、
それいつもと同じじゃん!とツッコむ暇も与えず続けて、
「最近は暗い話題ばかりで、日本はこれからどんどん悪い方に向かっていくんでしょうね」と溜め息まじりで語り、
ノン気に「ジュリー!」と声援を送る客席(オバちゃん達)にジュリーは
「もう自分には関係無いなんて言ってられないぞッ」
とちょっと強めの語調で投げかけたその表情はおどけていたが、
目はまったく笑っておらず、本気で今後の日本を憂いているようだった。

こんなに一切ジョークも飛ばさないシリアスな雰囲気のMCは、
2009年から毎年、正月コンに参加して以来、初めて。
いつもなら10分近くMCで話すのに、今回はそれだけを語り、本当に身に詰まされる気持ちだった。

ジュリーのメインのファン層は、四十数年以上追いかけ続けている女性が多いので、
政治の話は無関心な人が多いのか、ジュリーが何故、あんなにも絶望的な表情だったのか
読み取れた人はどれだけいたのだろう。

その後に歌った「6番目のユ・ウ・ウ・ツ」には、
今どれだけジュリーが日本を憂いているかが、透けて見えるかのようだった。
「遠い夜明け」という曲で終わるのもまた考えさせられてしまう。

それにしても、メジャーな還暦の歌手で、
ここまで今の日本の将来を憂う発言を公に声に出しちゃうなんて、
どう見ても業界的にはマイナスの印象としか取られないのに、
ジュリーはそれでも自分の意見を貫く姿勢に、自分が理想に思うロックスターの姿を見るようだった。
やっぱしいつの時代でもかっこいいけど、今のジュリーが一番かっけえ!
本気で日本の行く末を心配してるだけなんだよジュリーは。

すべての曲を歌い終えて、最後の最後に、
「今日は何の日ですか?そう、サリーの誕生日です!」と、
サリーとついでにタローも舞台に登場し、ジュリーと抱き合う姿は新年早々いいものを観られた。
あんなにシリアスなMCを聴かされてどんな曲聴いてもユウウツだっただけにホッコリしたょ。

次は、ツアーファイナルの1月20日(火)の東京国際フォーラムホール公演を観戦予定!

ジュリーのソロデビュー以降、毎年欠かさず、四十数年にも渡り、地道に粛々と着実に
毎年行われる正月コンサートも、いつか終わりの日が来てしまうのだろうか…。


コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。