スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/1(sat) Negicco at 代官山UNIT

11月はなぜか知らんが怒濤のライブ月間!

今月は10本
(1日で昼・夜公演を2本としてたり、インストアイベントは含まず)
10年前のように、平日も関係無く連日ライブ行きまくってた頃に比べたら本数は減ったが、
それでも月10本はかなり多い方。

【1本目】
Negicco at 代官山UNIT

この日のNegiccoワンマンライブは、なななななんと!

初めて観る生バンドライブ!!

しかもチケットの整理番号がななななんと3番
情報公開の翌日にチケット一般発売してあまり情報が出回ってなかったからか、
かなりの良番で取る事が出来た。

この日はかなり気合いを入れて臨んだので開場時間(17時)の3時間前に会場に着いてしまった。
15時にグッズが販売するとの事で、今回はスウェット(5000円)とタオル(2000円)を新発売するとの事で、
まずはそちら2つをGETZ。
スウェットはすっきりとしたデザインで、これなら平日も作業場に着られそうで嬉しい。
(下画像参照)





さて、開場時間になり、整理番号も良いので、当然最前列!
ステージ向って右側のぽんちゃ側に位置。
Negiccoを観る時のいつもの位置。
しかし、今日はかぶりつき!!


前日に同会場にてハロウィンパーティー的な公演もあったようだが、
今日は売り切れ公演の為か、ステージと客席柵の隙間がまるで無い、
会場にお客を詰めている模様(売り切れてるのに当日券も出してたし)。

開場を待ってたら、後ろにいた母子のチビッコ(小学2~3年生の男児)がネギライトを持って、
最前のちょうど空いてた隙間にちょこんと位置。
親子でヲタなんだろうか。
しかし、そんなチビッコが随所でケチャったり、一緒にラインダンスしたり、こんな若い時分からヲタ活を漫喫してる模様。
イイ事だ。


さて、そんなこんなであっという間の1時間40分でライブは終了。

全編生バンド演奏が本当に、最高過ぎて震えた!

特に「スウィート・ソウル・ネギィー」の管楽器を加えたバンド演奏のソウル感がヤバ過ぎた!

「圧倒的なスタイル」や「トリプル!WONDERLAND」とかもバンドアレンジ最高!
「トリプル!~」は、スラップベースが生バンドだとこんなにもカッコよく映えるものなのかと感動したわ。
(「トリプル!」の時、横のチビッコの飛びはねっぷりが凄まじかった)

そのほか、「恋のEXPRESS TRAIN」と「falling stars」をピアノだけのバラードバージョンで見せてグッときた。
(横のチビッコは明らかに退屈そうだったが)

「サンシャイン日本海」や「ときめきのヘッドライナー」、「完全攻略」などなども、
もうNegiccoは、オケをバックのライブでは観たくないなあと思ってしまうくらいの、
生バンド演奏のハマり具合だった。

最前列ぽんちゃ側だったが、あまりに至近距離だったため、いつ視線が合うかどうか冷や冷やもので
あまり凝視する事はできなかったので、生バンドという事もあり、
敢えて最前なのに目をつぶって音に浸るような贅沢な事もした。

12月に発売されるシングルは結局披露されず、随分と勿体つけるなあと思ったが、
1月下旬にリキッドルーム2日間公演決定!
土曜は「ねぎフェス」と題してゲストを招いての公演で、
日曜は再び「生バンドワンマン」!!

それにしても、6~7年前にPerfumeを聴き始めた頃、今後彼女達にはこういう音出して貰いたいなあと
思い描いてた事が、今すべてNegiccoがやってくれてる感じ。
いつかこの二組6人が「圧倒的なスタイル」でラインダンスする光景観られたら、
鳥肌どころの騒ぎじゃなく興奮するだろうな。
ていうか、号泣するだろうな。

それにしても、この生バンドライブが最高過ぎたので、
別にライブDVD出して!とまで言わないけど、ライブCDアルバムか、
これまでの音源を生バンドで再録音してくれないかなと、割と真剣に思った。
それくらい、今日のライブは本当に耳から鱗と耳糞が爆発するくらいの体験だった。

しかし、代官山UNITは、終演後はドリンク引き替えをしないという、
客商売としてドリンク代500円を取っておいて、最低のハコだと思う。



さて!
11月の怒濤のライブ月間は、初めて最前で観た初めてのNegicco生バンドワンマンという、
これ以上ない最高の形でスタートした。

2本目のライブは翌日11月2日(日)!

場所は早稲田大学体育館で、岡村靖幸と清竜人25という、
主催側がよくわかってる組み合わせの2マン!
こちらも楽しみ過ぎる!


コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。