スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「この空の花 長岡花火物語」&「野のなななのか」2本立て上映




目黒シネマにて大林宣彦監督作品
「この空の花 長岡花火物語」「野のなななのか」の2本立て上映観了。
両方3時間弱の長尺なので休憩とか予告入れて滞在時間6時間超で今、呆然中。
ひとつの劇場で朝からの2本立て上映で6時間もいたの初めてだった。

「この空の花 長岡花火物語」
フィクションとノンフィクション映像も問わず、
目まぐるしく入れ混ぜる情報量がカオティックで凄すぎる!
クライマックスの、カタルシスが爆発する混沌とした壮絶さや
ビジュアルの色彩の華やかさの画が映える!
「HOUSE」の頃からまったくブレない映像世界に酔いしれた。

「野のなななのか」
どこまでが現実でどこまでが幻覚なのか
曖昧な境界線が不思議な雰囲気をもたらした静かに狂ってた平和祈願の映画だった。
既に三十路の安達祐実が16歳の役を違和感なく演じてたのはさすが。
昔の女子にしては目がでかすぎるが。

「人っていいね。生きてるっていいね」なんて台詞、普通の映画で喋られても、
陳腐すぎて鼻で笑っちゃうが、静かに散々尖りまくったカオスな映像を
見せつけられまくった後だと、観てる側は「う、うんそうだね」と同調してしまう説得力があった。

説教臭くならないレベルでのメッセージをしっかり訴えつつ、
ローカルなその地を訪れたくなる観光ガイドでもあり、
なにより映画としてのエンターテインメントに昇華させるバランス感覚は、
2作とも匠の手腕ならではと圧倒された。

この大林作品2本立て上映は2作セットで観る事で、
監督の反戦のメッセージをより深く感じられる意義のある上映だと思った。
しかも1500円で観られるのが嬉しい。
目黒シネマで9月5日(金)までやってるので、
なかなか観られない映像体験を体感したい人は行った方が良い!





コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。