スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/19(wed) 岡村靖幸 at EX THEATER ROPPONGI

【4本目】

岡村靖幸at EX THEATER ROPPONGI




 2001年頃、ベストアルバム『Oh!ベスト』がリリースされた頃から本格的に
岡村靖幸(以下、岡村ちゃん)のファンになってから早13年。

筆者は、「電話なんかやめてさ 六本木で会おうよ」と歌う
『カルアミルク』という曲をこれまで音源やライヴで何度聴いてきた事か。

そして今回、遂にそれが本当に実現する。
岡村ちゃんと六本木で会えるのだ。
六本木DATEである。
これがどんなに凄い事か、ファンだったらよく分かっているはず。
1986年デビューから、これまでの28年近いキャリアの中で、
六本木でワンマン公演を行うなんて初めてなのでは?

先日の早稲田大学での危険信号を放った身体を見て、
若干不安はあるものの、とにかく六本木で会えるのだ。

さすがにファンが待ち望んだ六本木公演という事で、
今回のツアーの初日である19日と2日目である20日はとっくに完売。
当日は平日だったが、作業場を1時間早退して、事前に気持ちを作って臨む。

六本木で観られるという期待と、早稲田大学学祭イベントで観た、
また太った容姿に戻ってしまったように見受けられた姿を思い返す不安が
入れ混じりながら、10分遅れで開演。

幕が左右に開かれて現れた姿は、
かなり間近で観た感じ、早稲田の学祭で観た時よりも、全然シャープな見た目だった!

もしかして2週間で身体を絞ってきたのか、はたまた太って見えたのは
筆者の観ていた角度が見せた錯覚だったのか。
確かに早稲田で観たときは、ステージが異様に高くて、見上げるみたいな形になってたから、
顎が二重顎、腹がパッツンパッツンに見えたのかもしれぬ。

オベーションのギターを弾きながらニコニコとした笑顔で軽快に歌われる1曲目は『Vegetable』。

3曲目に差し掛かる前に唐突に、「あのね、U2歌ってあげようか!」と言った後、
『I Still Haven't Found What I'm Looking For』をほぼフルコーラスで!
しかも知らない人も大勢いるだろうに知ってる前提でサビを合唱させようとする無茶ぶりは笑った!
この曲名の邦訳、『自分の探してるものがいまだに見つからない』って、
まさしく岡村ちゃんを表してるような曲名だよな〜。
だからこそ選曲したのだろうか。

さっそく披露された、今月に出たばかりの新曲『彼氏になって優しくなって』は、
イントロが流れただけで、ファンの熱狂が凄い。
やはり新曲の反応が良いってのはアーティスト活動として一番健全だよなと思ってしまう。
そこから『いじわる』に繋げる、同系統のミドルファンクの流れもグッと来た。

半年前に観た公演もそうだったが、ここ最近の岡村ちゃんのコンサートは、
生バンド演奏を強く打ち出して、なるべくオリジナルに忠実に演奏しつつ、
ブラッシュアップをかけた歌謡ショーとしてのライヴを見せてくれるのがとても良い。
10年前など割と打ち込みが主体で、メドレーのように曲と曲を繋げて聴かせる事がかなり多かった。

あっという間に本編部分の2時間が終了。
1回目のアンコールでは、岡村ちゃん本人が自ら希望した、
なんと20年以上ぶり『19歳の秘かな欲望』を原曲と同じアレンジでパフォーマンス!
イントロのビッグロックな始まりでファン達は、『え、まさかこの曲やるの?ウワーーーーー!!』みたいな、
反響の大きさだった。
しばらくやってない曲だったからか、ステージ床に貼られているとおぼしき、
歌詞を確認しながら歌うという岡村ちゃんを観られたのもまた珍しい感じだった。

その後、『ハレンチ』も96年発売と同じアレンジで披露し、
96年当時は肉襦袢でも着てるようなパッツンパッツンな体型だったが、
今現在シャープな姿でこの曲を聴けるなんて…と泣きそうになった。

そして2回目のアンコールはいつもの弾き語りコーナー。
いつもステージ向って右側に位置して行われるのが、なぜか今回は左側。
もうここ10年以上、いつも右側で観ていた自分はズコーッとのけぞりそうになった。

そしてそこで歌われたのは、
「六本木ベイベ〜♪六本木で会えるとは思ってなかったぜ〜♪
六本木ヒルズなんか行かなくても〜かわいい素敵な君と一緒なら~
公園でも小さな商店街でもそこが六本木なのさ〜♪」
と、
やっぱブレてない!
たまらん!

結局、いつも通り、2時間50分近くを激しいデンスとエモーショナルな歌唱で歌い切り、
大満足のコンサートは無事に終了した。
結局最後まで終始ニコニコとした表情だったのが、観ていてこちらも笑顔になってしょうがなかった。

しかし、去年の秋から『ビバナミダ』、『愛はおしゃれじゃない』、『彼氏になって優しくなって』と、
順調に3枚シングルを出してきて、そのどれもがファンがシンガロング出来る名曲である中、
そろそろ、本当にそろそろ、いよいよ来年に11年ぶりのオリジナルアルバムを!と期待せずにはいられない。
そしてそれが前作の『Me-imi』すら凌駕する傑作になる予感がしてたまらない。
吉報を静かに待つ。


あと、余談だが、最近どこかのライターが書いたネットのライブレポの記事で、
『岡村靖幸が屹立した男性器そのものならば』という的外れな喩えを使っているのを読んで、
このライターは岡村ちゃんの本質を何も理解してないなーと、ため息が出てしまった。

おそらく、このライターはTSUTAYAで急いでアルバム全部を借りてきて、
スピードラーニングのCDばりに聴き流して知った気になってから文章を書いているとしか思えない。
(おそらく「撫でちゃいたいかい 僕の高層ビルディング』という歌詞だけ読んで書いたのでは?)

岡村ちゃんの本質はけして『屹立した男性器そのもの』じゃない。

現実にはいくら探しても見つからない理想郷のような女の子がいて、
その娘を振り向かせるためにガムシャラになる姿や、そんな娘と過ごす素敵なシチュエーションだったり、
青春の幸せな瞬間と風景を切り取って歌にし続けている中で、
屹立した男性器そのものとして表現するようなマッチョイズムが介在する隙間は微塵も無い。

それでも岡村ちゃんを男性器で喩えるのなら、
「理想の女との出会いや憧れや大恋愛などが常に頭にある中、
いつかその瞬間が訪れるまでは、とりあえず手軽に引っかけた女に濃厚なフェラチオをされても
まるで萎えて勃たない男性器である」
、と言いたい。






5本目・6本目のライブは、11月24日(月・祝)!

星野みちる at 代官山UNIT



Berryz工房 at 中野サンプラザ


つまりハシゴ。
連休だけどゆっくり休めない!
スポンサーサイト

11/8(sat) 中村一義 at 江戸川区総合文化センター

【3本目】

中村一義 at 江戸川区総合文化センター


 今回やってきたのは、総武線新小岩駅から歩いて15分ほどにある江戸川区総合文化センターにて
行われる中村一義(以下、中村くん)のコンサート。

江戸川区の同会場でコンサートを観るのは初めてだが、
今後のライブ予定に山下洋輔、スタイリスティックス、一青窈など並んでいて
メジャーなアーティストも並んでる事から、
コンサートホールとしてもよく使われているらしい。


中村くんのコンサートに行くのは、バンド形式の100s名義として、
渋谷AXで観た2005年以来、実に9年ぶり。
ソロ名義としては、2002年の同じくAXで観た以来、12年ぶり。

そんな久しぶりすぎる環境の中、
自分も地元から近く、江戸川の土手は幼少期から犬の散歩コースに使っていて
縁深いものがあるし、中村くん本人の地元である江戸川区で
コンサートを観られるのは、またとない機会というのもあり、
楽しみにしていた。


ちょっと話が長くなるが、筆者と中村くんの音楽との出会いは、
1997年にロッキンオンのディスクレビューでたまたま渋谷陽一が
デビューアルバム『金字塔』について語っていて、
なにやら「驚異の天才新人が現れた」とのたまっていたので、
ちょうど同時期に日本一好きだったバンド、
ブランキー・ジェット・シティの新作『LOVE FLASH FEVER』が発売していたので、
新宿のヴァージンメガストアに買いに行くがてら試聴してみたら、
ポップな楽曲のクオリティの高さや一聴してインパクトを与えるハイトーンボイスなど、
耳から耳糞が爆発するくらいの衝撃を受けて、ブランキーのCDと一緒になんの躊躇もなく
アルバム『金字塔』を手に取ってレジに走ったのだった。
それ以来、CDにキズが付くほど聴きまくった。

翌年1998年に出たセカンドアルバム『太陽』は、
ジャケットの撮影場所が江戸川土手だったり、前作に比べギミックのない、
よりストレートなポップアルバムだったり、
実際に江戸川土手(他の川の土手でも)で聴くには最高のサウンドトラックだったり、
聴くとその時の自分の大学生活を思い出したりして
彼のこれまで出した5枚のアルバムの中では間違い無く最高傑作である。
こちらも音飛びしそうになるほどキズが付くほど聴き貪っていた。


しかし、彼に対してはひとつだけ不満があった。
それは、1997年から2000年に至るまで公にライブ活動をしてこなかった事。

中村くんのインタビュー本「魂の本」によると、
所属事務所と契約する前に「ライブはやらない」という公約をしていたと言う。

理由としては演奏を預けられるバンドメンバーがいない状態だったから
ライブ活動をするまでに5年もかかったというのがあったらしい。

『金字塔』『太陽』などのアルバムツアーを是非とも
やって欲しかったのだが、そういう理由ならしょうがないと諦めていた。
それだけに2000年に、遂にライブ活動を始めると聞いた時は本当に驚いた。



そして月日は流れ、2014年。
自身初となる江戸川区でのコンサートは、中村くん本人も切望していたものだったらしく、
選曲も初期のものから多いのかな、と期待しながら会場へと向った。

会場は約1500人ほどが入る市民ホールで、多少後ろの座席でも
ステージがよく見える造り。

男女比率は、女性客の方がやや多めという感じ。
かつてのロック少年・少女たちが10~15年くらい歳を経たような人達が
集まってきてるような客層だった。

10分遅れで遂に開演。
なんと、場内右横の入場口からチャリンコに乗った中村くんが登場!
まるでその姿は、自宅から近所のTSUTAYAにDVDを返しに行くついでに
ふらっと会場に寄ってきたような、地元ライブ感がよく出ている演出

凄く良い!



1曲目はデビュー曲『犬と猫』でスタート。

『金字塔』から4曲、『太陽』からも2曲もやってくれて、
筆者は特に、おそらくこれまでのライブ活動でもやってこなかった、
序盤の『太陽』からの4曲目「再会」の生演奏を目の当たりにして、
もはやこの1曲を聴けただけで5800円の元を取った気分で口ずさみながら心躍らせるも、
周りの反応はイマイチ。
「おいおい、中村くんのライブってこんな地蔵ばっか多かったっけ?」と
思ってしまうほど、序盤から中盤までは静かな立ち上がりと言えた。

惜しむらくは、中村くんは終始、手前の歌詞カードを観ながらの歌唱なので、
慣れてない曲は下をうつむきがちだったのが残念。

そして、中村くん本人も「彼女無しではライブの実現も難しかった」とMCで語っていたが、
バンドメンバーの紅一点、コーラス担当のあずままどかが
中村くんのハイトーンボイスに近い声質を持っていて、
ボーカルをサポートする役目として楽曲のクオリティを支え、
十分に活躍していた。

後半以降はたたみかけるように、やはりこれまでのライブ活動で演奏する事の多い、
盛り上がり度も大きい、3枚目のアルバム『ERA』と4枚目のアルバム『100s』の曲の連続で、
客席も徐々にヒートアップ。
本編は『金字塔』を象徴するような1曲、『永遠なるもの』で締め。

インタビュー本『魂の本』でも語っているが、幼少時代から
過酷な家庭環境で育った経緯など、江戸川区には
悲喜こもごもな思いがあるからか、最後に、
『やってやったぞ江戸川ーーーーー!!!!!』
と叫び、去っていった中村くんだった。

アンコールは、『ロックンロール』、『キャノンボール』と鉄板の盛り上げ曲で
約2時間に及ぶライブは終了。

『来年もまた江戸川でやっていいかなー?』という中村くんの問いに、
大きな拍手で応える客席の反応を聞いて、『よし、決定!』と
来年の江戸川公演を約束してくれた。



ただ、正直言って、だいたい演奏する曲、盛り上がる曲が
パターン化されちゃってる気がするので、
これまで演奏される機会の無かった『金字塔』『太陽』からの曲を
もっと歌って欲しいし、何より、新たにライブで盛り上がれるような新しい音源を早く!
という期待を込めて、来年の江戸川公演も足を向けたいと思う。






4本目のライブは、11月19日(水)!

岡村靖幸 at EX THEATER ROPPONGI


筆者は、「電話なんかやめてさ 六本木で会おうよ」と
歌う『カルアミルク』を何度聴いてきた事か。
遂にそれが本当に実現する。岡村ちゃんと六本木で会えるのだ。
これがどんなに凄い事か、ファンだったらよく分かっているはず。
先日の早稲田大学での危険信号を放った身体を見て、若干不安はあるものの、
とにかく六本木で会えるのだ。

11/2(sun) 岡村靖幸 & 清竜人25 at 早稲田大学戸山キャンパス記念会堂

11月、怒濤のライブ月間、第2弾!

【2本目】

岡村靖幸 & 清竜人25 at 早稲田大学戸山キャンパス記念会堂




今回は、岡村ちゃん好きのしゃけやまさんと同行。
しゃけやまさんとライブ行くのはPerfumeの最初の東京ドーム公演以来。

若者のエネルギーが充満し、にぎにぎしく行われていた早稲田祭。
しかし学園祭にしてはあまりにも人が多すぎて気持ち悪くなる中、
向ったのは、戸山キャンパス記念会堂。

今回、学内で販売していたチケは前売2000円!
一般発売で前売も3500円と、実に良心的な価格。
岡村ちゃんのワンマンは7500円とか取るから、お試しで観るのにも最適な機会だったのでは。

そんな感じで、開場時間前は、実にものものしい雰囲気。
なぜかというと、整理番号1~100番、101~200番、201~300番と、
ブロックはざっくりとした分け方をするだけで特にしっかり番号順で呼ぶわけじゃないらしい。

なので1~100番内のチケットを持ったおばさんおっさん達が入場ブロック前に押し寄せて
今や遅しと入場列ブロック解放を待っていた。

そして入場ブロック列の入り口が空き、一目散にブロックにダッシュしたり、
入口に1度にドッと押し寄せて雪崩のように倒れたりする姿は、目の前で見てて恐怖を感じた。
それと同時に、いい年したおばさんおっさん達がいくら最前列で観たいからって、
躍起になってる姿はみっともないなーと思った。

入場ブロックで並んで待つ事1時間、ようやく開場。

この体育館のような内装の会場がものすごデカい!
スタッフがアナウンスしていた情報によるとキャパは4000人との事。
実際、ブロックを広くしてもっと詰めれば6~7000人は行けるのでは?
ステージは横に長い割に、高さは低いという、あまりこれまでのライブでは
観た事のないステージの形。

このキャパのイベントを学生で運営するのは凄いなーと思いつつ、
ようやく開演。
まずは、清竜人25

既にアルバムを6枚も出していて、独自の世界観を生み出してる実力派シンガーが、
6人のアイドルを従えて、「一夫六妻」というキャラ設定で組まれたグループと聞いて、かなり面白さを感じたし、
Youtubeで公開されたデビューシングルのMVを見て、完全にガツンとやられたので、
ライブを見るのをかなり楽しみにしていた。

で、実際、30分弱のステージを観てみたら!!
こんな書き方だと陳腐に聞こえるかもしれないが、
今まで観た事がないくらい新感覚で、衝撃的なライブだった。

「清竜人と6人の嫁」という設定の組合せのフィクション的な世界観の歌詞、パフォーマンスを
打ち出しながら良質なエンターテインメント感溢れるアイドルポップスとして聴かせるライブは、
思わず笑顔こぼれる多幸感を醸し出し、まるでミュージカルの一場面を切り取ったような
物語性を提示してくれた。

それに加えて、岡村ちゃんを想起させる、激しくもキレのあるデンスを見せる、
スーツ姿の清竜人ひとりでもソウルフルな歌唱で強力な個性を放っていたが、
第六婦人までいるアイドル達の振り付けや歌唱が息が合っていたし、
この二組が密接に絡み合う楽曲の数々は、これまで聴いた事のないアイドルポップスとして昇華され、
新たな音楽が生み出され始めている瞬間を目の当たりにしたようで、しばらく高揚感が止まらなかった。

曲間のMCでも清竜人は一切喋らず、6人の嫁達が進行するのだが、かなり緊張してるのが伝わってきて
それもまた良かった。
これからどんどんキャラ立ちをはっきりさせたら、もっと面白くなるだろう。

自分の周りの反応としては、残念ながら、こうした革新的なグループの事にも一切関心を持つ隙間の無い、
岡村ちゃんだけが目当てのおばちゃん達ばかりなので、靖幸地蔵と化していたのが非常に残念。
多分、岡村ちゃん自身は面白がって観てたんじゃないかね。

とにかく、これから清竜人25からは目が離せない。
そして、来年開催されるであろうTOKYO IDOL FESTIVAL2015に出演して欲しい。
公式グッズは、ただのロゴTシャツだったのがつまらない。
ロゴとかいらないから、中央に清竜人が椅子に座って6人の嫁が囲む写真が
デカデカとプリントされたTシャツだったら絶対買ってたのになー。

まずは11月12日発売のデビューシングル『Will You Marry Me?』は絶対買わねばッ!!







 さて、そんな歴史的瞬間を目の当たりにして既に満足してたのだが、
後ろから一斉におばさんおっさん達からの圧迫があり、すし詰め状態に。
その圧迫する人の中で、おっ立てた金髪に赤いジャケットを着て、体格的にも後ろ姿が
完全に吉田豪さんそっくりの人がいたので笑った。
一瞬、あまりにも後ろ姿が似てたので清竜人25に目を付けてさっそくライブ見に来たのかなーと思った。
(顔はまるでいかついフェイスで似てなかったが)



そして、それから約40分近くセッティングがあり、
岡村ちゃんとのDATE。

それまで目を閉じていた靖幸地蔵が開眼し叫び暴れ出し、一気に熱気溢れるライブ空間に。
セットリスト的には半年前の赤坂BLITZで観た内容のダイジェスト版といった感じ。
「愛はおしゃれじゃない」から始まり、「だいすき」で本編を締め、
アンコールは「俺は今でもキャンパスライフを送りたいぜ~♪」と弾き語り、1時間で終了。

まずは、これは言わなきゃならない。
半年前に赤坂BLITZで観た時よりも、岡村ちゃん、明らかに太っていた
何度凝視しても、明らかに半年前より太ってるように見えた。

半年前スリムだったフォルムのスーツ姿が、お腹周りがぱっつんぱっつん。
あご周りタプタプ。
ただの食い過ぎならまだいいんだが、過去の例からして、
太ってる時はイケナイ薬に手を出し始めてるんじゃないのか?
という大きな不安を感じさせて、ライブにあまり集中出来なかった。

せっかくライブを重ねてシングルを3枚も出してキャリアを再び積み上げてるところなんだから、
またファンを悲しませるような事があったらやだなあ。


それにつけても、衝撃と不安が入れ混じる今回のライブだった。







3本目のライブは、11月8日(土)!

中村一義 at 江戸川総合区民センター

100sとしては何度か観た事あるが、ソロとしては初!
しかも中村氏の地元という事で、特別なライブになる事間違い無し。
セカンドアルバム『太陽』が今でも彼のキャリアで一番好きなので、
やってくれる事を期待。

11/1(sat) Negicco at 代官山UNIT

11月はなぜか知らんが怒濤のライブ月間!

今月は10本
(1日で昼・夜公演を2本としてたり、インストアイベントは含まず)
10年前のように、平日も関係無く連日ライブ行きまくってた頃に比べたら本数は減ったが、
それでも月10本はかなり多い方。

【1本目】
Negicco at 代官山UNIT

この日のNegiccoワンマンライブは、なななななんと!

初めて観る生バンドライブ!!

しかもチケットの整理番号がななななんと3番
情報公開の翌日にチケット一般発売してあまり情報が出回ってなかったからか、
かなりの良番で取る事が出来た。

この日はかなり気合いを入れて臨んだので開場時間(17時)の3時間前に会場に着いてしまった。
15時にグッズが販売するとの事で、今回はスウェット(5000円)とタオル(2000円)を新発売するとの事で、
まずはそちら2つをGETZ。
スウェットはすっきりとしたデザインで、これなら平日も作業場に着られそうで嬉しい。
(下画像参照)





さて、開場時間になり、整理番号も良いので、当然最前列!
ステージ向って右側のぽんちゃ側に位置。
Negiccoを観る時のいつもの位置。
しかし、今日はかぶりつき!!


前日に同会場にてハロウィンパーティー的な公演もあったようだが、
今日は売り切れ公演の為か、ステージと客席柵の隙間がまるで無い、
会場にお客を詰めている模様(売り切れてるのに当日券も出してたし)。

開場を待ってたら、後ろにいた母子のチビッコ(小学2~3年生の男児)がネギライトを持って、
最前のちょうど空いてた隙間にちょこんと位置。
親子でヲタなんだろうか。
しかし、そんなチビッコが随所でケチャったり、一緒にラインダンスしたり、こんな若い時分からヲタ活を漫喫してる模様。
イイ事だ。


さて、そんなこんなであっという間の1時間40分でライブは終了。

全編生バンド演奏が本当に、最高過ぎて震えた!

特に「スウィート・ソウル・ネギィー」の管楽器を加えたバンド演奏のソウル感がヤバ過ぎた!

「圧倒的なスタイル」や「トリプル!WONDERLAND」とかもバンドアレンジ最高!
「トリプル!~」は、スラップベースが生バンドだとこんなにもカッコよく映えるものなのかと感動したわ。
(「トリプル!」の時、横のチビッコの飛びはねっぷりが凄まじかった)

そのほか、「恋のEXPRESS TRAIN」と「falling stars」をピアノだけのバラードバージョンで見せてグッときた。
(横のチビッコは明らかに退屈そうだったが)

「サンシャイン日本海」や「ときめきのヘッドライナー」、「完全攻略」などなども、
もうNegiccoは、オケをバックのライブでは観たくないなあと思ってしまうくらいの、
生バンド演奏のハマり具合だった。

最前列ぽんちゃ側だったが、あまりに至近距離だったため、いつ視線が合うかどうか冷や冷やもので
あまり凝視する事はできなかったので、生バンドという事もあり、
敢えて最前なのに目をつぶって音に浸るような贅沢な事もした。

12月に発売されるシングルは結局披露されず、随分と勿体つけるなあと思ったが、
1月下旬にリキッドルーム2日間公演決定!
土曜は「ねぎフェス」と題してゲストを招いての公演で、
日曜は再び「生バンドワンマン」!!

それにしても、6~7年前にPerfumeを聴き始めた頃、今後彼女達にはこういう音出して貰いたいなあと
思い描いてた事が、今すべてNegiccoがやってくれてる感じ。
いつかこの二組6人が「圧倒的なスタイル」でラインダンスする光景観られたら、
鳥肌どころの騒ぎじゃなく興奮するだろうな。
ていうか、号泣するだろうな。

それにしても、この生バンドライブが最高過ぎたので、
別にライブDVD出して!とまで言わないけど、ライブCDアルバムか、
これまでの音源を生バンドで再録音してくれないかなと、割と真剣に思った。
それくらい、今日のライブは本当に耳から鱗と耳糞が爆発するくらいの体験だった。

しかし、代官山UNITは、終演後はドリンク引き替えをしないという、
客商売としてドリンク代500円を取っておいて、最低のハコだと思う。



さて!
11月の怒濤のライブ月間は、初めて最前で観た初めてのNegicco生バンドワンマンという、
これ以上ない最高の形でスタートした。

2本目のライブは翌日11月2日(日)!

場所は早稲田大学体育館で、岡村靖幸と清竜人25という、
主催側がよくわかってる組み合わせの2マン!
こちらも楽しみ過ぎる!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。